【初心者向け】TRPGってどんな遊び?

TRPGってどんな遊び? TRPGで遊んでみよう

この記事では、何かのきっかけで「TRPG」という言葉を知った方向けに、
「TRPGとはいったいどんな遊びなの?」をわかりやすくご紹介します。

わか
わか

動画サイトで遊んでいる動画を見かけて、ちょっと気になったんだよな

よう
よう

僕はクトゥルフ神話を題材にしたゲームがきっかけで、TRPGを知ったよ

スポンサーリンク

TRPGって何?

「TRPG」は「テーブルトークRPG(ロールプレイングゲーム)」の略称です。

「RPG」という言葉を聞き慣れている人は、TVゲームやスマホアプリのゲームを想像するかもしれません。

ですが、「TRPG」は基本的にはゲーム機は使わず、サイコロや参加者同士の会話などによって物語を作っていくゲームになります。

そのジャンルは実に様々で、ホラーや剣と魔法のファンタジー、異能力バトルやアイドルものなどいろいろな世界で遊ぶ事ができます。

わか
わか

FFとかドラクエみたいなゲームとは違うのか

どうやって遊ぶの?

では、ここからは実際にどうやって遊ぶのかご説明しましょう。

必要なものは?

TRPGを遊ぶためには、以下の5つのようなものが必要になります。

わか
わか

…???

何をどう使うのか全然わからないぞ

よう
よう

大丈夫、順番に説明するよ

ルールブック

まず、TRPGを遊ぶために必須と言えるのが「ルールブック」です。

ホラーなのかファンタジーなのか、その世界で遊ぶためのシステムや設定が1冊に詰め込まれています。

TVゲームで例えると、PS5やSwitchのようなゲーム機のイメージですね。

じゃんけんをする時も、「パーはグーに勝つ」といったルールを知らないと遊ぶ事はできません。

一緒に遊ぶメンバーのうち少なくともひとりは持っておきたいアイテムと言えます。

シナリオ

ルールブックに書かれたシステムや設定に基づいて、様々なストーリーを楽しむために必要なものが「シナリオ」です。

TVゲームで例えると、「ドラゴンクエスト」などのゲームソフトのイメージですね。

「剣と魔法のファンタジー」の世界で遊ぶ場合でも、
「勇者となって魔王を倒す」ストーリーや「ダンジョンに秘宝を探しに行く」ストーリーなど、
シナリオによって楽しめる物語は全く変わってきます。

シナリオは、ルールブックを販売している出版社が出している公式の作品があるほか、
有志のファンによって二次創作としてさまざまな作品が発表されています。

よう
よう

ルールブックにはサンプルシナリオも掲載されているから、

すぐに遊んでみることもできるよ

サイコロ(ダイス)

TRPGを遊ぶための定番のアイテムのひとつが、サイコロです。

TRPGでは「ダイス」と呼び、遊ぶTRPGのシステムによって使う数や形も様々です。

一般的な立方体の6面体ダイスのほか、3面体や10面体といった珍しい形のものを使う場合もあります。

ゲーム中の行動の成功・失敗を判定したり、敵に与えるダメージ値を出すときなどに使います。

そのランダム性が物語を思いもよらない方向へ導くこともあり、TRPGの醍醐味のひとつでもあります。

ダイスの目によってその後のストーリーやエンディングが変わることも!

ゲームマスター(GM)

TRPGを遊ぶ時にシナリオを準備し、ゲーム進行や審判役をする人を「ゲームマスター(GM)」と呼びます。

TVゲームで言うところの、ソフトのプログラムのようなイメージですね。

GMを担当するのは基本的には1名です。

遊ぶTRPGによって「キーパー(KP)」「ディーラー(DL)」など名称が変わりますが、おおむね役割は共通です。

そのシーンで何が起こっているのかを読み上げるナレーションのような役割や、情報をくれるキャラクターを演じたりもします。

プレイヤー(PL)

自分でオリジナルキャラクターを作成し、ロールプレイをしながらGMが用意したシナリオに挑む人を「プレイヤー(PL)」と呼びます。

ロールプレイとは、そのキャラクターになりきってゲーム中で行動したり、セリフを考えたりすることです。

わか
わか

俳優でもないのに、

キャラになりきって演技するなんて難しそう…

よう
よう

好みによるけど、無理して演技をする必要はないよ

ロールプレイの定義はさまざまですが、
「(キャラクター名)は嬉しそうにお礼を言います」といった表現で十分成立するので、特に演技が重要なわけではありません。

遊ぶTRPGやシナリオによって、必要なPLの人数は変わってきます。

今回紹介したものの他にも、遊ぶTRPGによって必要なものがある場合もあります。
ここでは最もメジャーなものについてご紹介しました。

どこで遊べるの?

必要なものがわかったところで、いったいどこで遊べるの?という疑問にお答えします。

TRPGを遊ぶ方法は、現在大きく分けて2通りあります。

TRPGを遊ぶことを「セッション」と言います。

WEB上でツールを使いセッションを行う事を「オンラインセッション」
実際に一か所に集まって、ボードゲームのようにセッションを行う事を「オフラインセッション」と言います。

それぞれの遊び方についてご紹介しましょう。

オンラインセッション(オンセ)

TRPGオンラインセッションツールを使い、WEB上で遊ぶ方法を「オンラインセッション」と言います。

「オンセ」と省略して呼ばれることもあります。

現在、WEB上ではTRPGを遊べる様々なツールがあります。

「ココフォリア」などは有名なツールのひとつです。

また、オンラインセッションにもいくつか種類があります。

  • ボイスセッション(ボイセ)
    セッションツールと通話ソフト(Discord、Skypeなど)を使い、通話しながら遊ぶ方法
  • テキストセッション(テキセ)
    セッションツールのみを使い、チャットのように文章のみで遊ぶ方法
  • 半テキストセッション(半テキ)
    キャラクターのセリフのみテキストにするなど、上記を組み合わせた遊び方

SNSや掲示板などで参加者を募集している事が多く、
「初心者歓迎」と書いている場合は特にルールなども丁寧に教えてくれるでしょう。

よう
よう

オンラインセッションをやるなら、

Twitterアカウントを持っていると便利だよ

オフラインセッション(オフセ)

参加者が実際に一か所に集まって、ボードゲームを遊ぶようにテーブルを囲んで遊ぶ方法を「オフラインセッション」と言います。

元々TRPGはこちらの遊び方を想定して作られているものが多く、紙とペン、ダイスなどのアナログなツールを使います。

オフラインセッションを行う場合、以下のような方法があります。

  • ボードゲームカフェ
    アナログゲームを遊ぶ事ができるカフェ。
    店員さんがGMをしてくれるところも多いです。
  • コンベンション
    TRPGを遊ぶイベント。
    規模も大小さまざまで、意外と近所で頻繁に開催されていることも。
  • サークル
    学校や地域でサークル活動としてメンバーを募集をしていることも。
わか
わか

近所の地区センターでもコンベンションをやってる!
知らなかったなー

よう
よう

ボードゲームカフェで遊んだときは、
店員さんが丁寧に遊び方を教えてくれたよ

実際に遊んでいる様子を見てみたい!

わか
わか

何となくどんなものかは分かった気がするけど、
まだいまいち遊ぶイメージがつかないかも…

よう
よう

雰囲気を掴むなら、動画や配信を見てみるのも楽しいよ

興味は湧いてきたけど、実際どういう風に遊んでいるのかまずは雰囲気を知りたい…という方は、
YouTubeやニコニコ動画などにTRPGの動画がたくさんあるので見てみるのもおすすめです。

TRPG動画を見ると、そこで扱っているシナリオのストーリーを知ってしまうことになります。いわゆるネタバレです。
新鮮な気持ちでシナリオを楽しみたい場合はご注意ください。

リプレイ動画

セッションの録音をもとに、画像やアニメーションをつけた動画を「リプレイ動画」と言います。

見やすく編集されているのでテンポよくストーリーを楽しむことができます。

ここでは、筆者が個人的に大好きなリプレイ動画をいくつかご紹介します!

TRPG配信

リアルタイムでセッションを配信している場合もあります。

こちらは編集がない分、より実際に遊んでいる雰囲気を掴みやすいです。

ただ配信慣れしているエンタメのプロの方が多いので、あまり同じようにやろうと意識しすぎない方がいいかもしれません。

まとめ:TRPGは想像して物語を作る楽しいゲーム!

わか
わか

俺も自分のお気に入りキャラを作って遊びたくなってきたぞ♪

よう
よう

興味を持ったら、ぜひ一度実際に遊んでみてほしいな

同じシナリオでも、遊ぶメンバーが違えば不思議と違う物語ができるのがTRPGの面白いところです。

自分のオリジナルキャラクターを作って活躍させてみたい、と思ったら、気になるTRPGでぜひ一度遊んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました